スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
 赤丸急上昇中!!
ここ2,3日 ずーっと頭の中をグルグル回ってる曲があります。
元godのソン・ホヨンの初のソロ『yes』

もうね~~!かっこいい~~~~!!!
声も好き!歌い方も好き!ワタクシの中で赤丸急上昇中!
godの中でも小ちゃくて(といっても177cmもある 笑)いつもニコニコしてる
かわいい~イメージなカレですが、
セクスィ~なオネエチャン4人と絡みまくるdancingホヨンちゃん
かなりイケてます!!すごいです!!(大絶賛)

hoyon


ポチッと押してみ~

今月14日に発売されたばかりのファーストアルバムが各種アルバムチャートで1位を独占し、
発売から6日間で5万枚の売り上げを記録したのは先日のニュースにもあがってましたね。

正直godの曲は『0%』と『お母さんへ』くらいしか知らないワタクシ。
これからちょっとgodの世界をお勉強します~(*`▽´*) ゞ

あ、それとホヨンちゃん、10月に来日するみたいです。
なんと『第6回 韓国歌謡コンテスト』の特別ゲストで!!
まぁ東京だからどっちにしても行けないんだけどね!ヾ(;´▽`A``
それにしてもさ~ちょっと!ちょっと!ちょっと~!
今時このネーミングはどうよ!(笑)
スポンサーサイト
2006.09.21 Thu 23:49:02   comment:8   trackback:1   [k-pop]
 ジェソク同盟、募集中!
じぇそく


お散歩してたらこんなん見つけました。
これってジェソクの幼少期の写真?

イヤ~ン!可愛すぎ~!!

コレであなたもジェソクの虜…ウフフヽ(  ̄ー ̄)ノ ウフフ

2006.09.08 Fri 15:31:57   comment:12   trackback:0   [オモシロ]
 朱豪の恋人はヒョリン!?
毎週月・火曜日のお楽しみになったドラマ「朱豪・チュモン」jyumon



もう~~めちゃくちゃ面白い~~!!!

史劇の前盤はダラダラすることが多いのに全然そんなことなくて、
80分間ハラハラドキドキして時間があっ!という間に過ぎてしまいます。

ヘモスを実の父とは知らず剣の師として、ヘナチョコ・チュモンはどんどん
強くなっていくんだね~。
でも継母&腹黒い、、いや腹違いの兄二人に隠れ家だった洞窟を襲撃されて
危機一髪で逃げ出したチュモンとヘモス。
結果的にヘモスは20年ぶりにシャバの空気(笑)を吸えたから良かったりして・・・(笑)
衣装もちょっとだけ白くなってたし!

来週の予告ではとうとうヘモスとユファ夫人が再会するのよね!!
,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノキャーッ♪
きっと泣けるわ~~!ハンカチ用意しとかなきゃ!!

長男・テスもソソノにバリバリ気があるみたいだけど、ソソノの方が一枚も二枚も上で、
チュモンの正体を知ったとき

「コレでワタシの網に二人の王子がいるわけね。( ̄ー ̄)ニヤリッ」

うーーん、なかなかやるわ~!クムスン・ソソノ。
彼女のソソノは凛としてて、時たまクムスンの表情になるトコがまたかわいいのよ~♪
ワタシが男ならきっとイチオシよ~♪

ところで今日のニュースでヒョリン@宮のソン・ジヒョがチュモンの恋人(妻?)役で10月から登場だって~!へぇ~~!
なんでも元神女プヨン役の女優さんが途中降板する代役なんだね。
でもチュモンは一生ソソノを愛していくわけだから、今回も恋敵ってことよ。
あーあ、今回も視聴者に嫌われるのか?
やっぱりヒョリンから抜け出せないね~。(ノ; ̄◇ ̄)ノ

朝鮮日報

そそ、そしてーーー!!もう一つ。

先週の「セクションTV」で衝撃の事実発覚ぅ~~~!大変だぁ~~!!
 ↓

 more...

2006.09.06 Wed 22:24:06   comment:13   trackback:0   [韓国ドラマ]
 グエムルー漢江の怪物
guenmuru


「王の男」が持つ韓国での観客動員数を昨日上回ったという映画グエムルー漢江の怪物を見た。
レイトショーとはいえ初日だったのでお客さんも100人くらいは入ってたかな~。

お話的には単純。もっといえばベタ
ワタクシの感想は、「今年のカンヌ映画祭の最高の映画」というニューヨークタイムズの評価とはいかないものの、
ポン・ジュノ監督の持つ韓国社会を風刺する独特なブラックユーモアや笑いのセンスが満載であっという間に時間が過ぎた!って感じのなかなかの娯楽作品でした。
音楽もね、シリアスな場面に似合わないようなコミカルな音楽が流れたりして・・・
全体的な感想は不思議な映画でしたね。

以下、ネタバレ・・・

まずグエムルですが、連れ去った娘との心の交流とかがあるのか?
と思いきやゴジラのような“感情”は一切無く、ただ殺戮と破壊を繰り返すだけです。
ヘドロのようなムメ~としたヌルヌル感がとても気持ち悪いの。
しかもこれがやたら動きが早くて、サルのように橋から橋へと懸垂するのが怖さを通り越して可笑しかった。
スタイルも「え?どうなってるん??」状態で
結局目がどこにあったのかわからなかった!!

怪物に娘を連れ去られる父 ソン・ガンホは期待通り、
ヨレヨレのジャージが似合う韓国人俳優No1!(笑)
売店のつり銭をカップラーメンの空器にこっそりため込むダメ息子。
一日の睡眠時間が決まってて、娘が殺されたっていうのに突然爆睡するような男。
手術の麻酔が効かないトコはなぜか大笑い。

弟、パク・へイルは一家の中で唯一の大卒。なのにニート。(笑)
ココ一番!っていう大事なトコでいつもヘマをする。

アーチェリーの全国大会で3位になった末妹、ペ・ドゥナが一番まともなんだけど、
カノジョもまたプレッシャーに弱いという弱点がある。
でもこのアーチェリーの弓を見た瞬間、グムエルの最期を想像できちゃったけど・・・ヾ(;´▽`A``

「1%の奇跡」や「マイガール」のハラボジ、ピョン・ヒボン氏扮する一家の父親が高齢にもかかわらず一番イキってて力強いんだけど、あっけなくグムエルの餌食となる。▼▼”⌒☆o(_ _o)ドテッ

ラストはグムエルから娘を救出するために一家が扮そうするわけですが、
グムエル退治の一番の功労者はここの家族ではないのがなんとも・・・(大笑)

あ、それとこの映画が始まる前の予告で「王の男」やってました。
一緒に行った世界の中心でイ・ジュンギ君を叫んでるm嬢はその瞬間息が止まりそうになって、熱いものがこみ上げて来たそうです。
そしてカノジョ、三日に一回は「王の男」を見に行くらしい・・・
2006.09.03 Sun 22:28:45   comment:10   trackback:0   [韓国映画]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。